あっという間にGWも終わりましたね。
昨年に続き、今年もコロナの影響でお家で過ごす方が多かったと思います。
私も、家で猫達と一緒に過ごしました!
ちょっと浮気心が出てしまい、うちの仔の目を盗んで、知人の保護猫団体さんの保護猫ちゃん達の画像を見てニヤニヤしたりもしました。

何故ニヤニヤしていたかと言うと、
その中に、3月に急逝した愛猫の「蓮(れん)」とそっくりの仔猫がいたのです!
柄も同じだし、雰囲気も似てる…
そんな仔猫見つけちゃったらニヤニヤしちゃうじゃないですかっ!!
「あぁ〜蓮もこんな頃あったな〜」「蓮もこんなお目目してたなぁ〜」なんて、色々と思いながら眺めていました。

亡き仔を偲ぶ

この様な「思いをめぐらす、懐かしく思う、恋しく思う」心情を【偲ぶ】といいますが、
皆さんは、この【偲ぶ】という言葉にどんなイメージを持ちますか?
なんとなく、寂しい、悲しい、切ない…という様な、しんみりしたイメージが多いのではないでしょうか?

大切な存在を【偲ぶ】時間は、決してしんみりする時間では無く、自分の中にその仔が今も生きている事を再確認出来る、とても温かく優しい時間です。

 

「人間は二度死ぬ」という言葉があります。
一度目は、肉体的な死、二度目は、忘却による死。
これは、人だけに限らず、ペット達も同じです。
残念ながら肉体的な死は避けられないものですが、忘却による死は【偲ぶ】気持ちがある以上、迎える事の無い死なのです。
その仔と飼い主さんだけのオンリーワンの想い。

その気持ちは、何にも変えがたい宝物です。

 

この度、そんな温かく優しい想いを紡ぐ【偲ぶ】会が開催されます!
グリーフゼロ代表の齋藤潤樹さんとHygge planning代表の笹川りえさんが主催の素敵な会です。

その名も【ペットを偲ぶ会】

会の中で、私も今までの体験談などを交えながら、命と向き合うグリーフケアについてお話をしたいと思っています。
そして、一人でも多くの方と愛する仔への想いを共有出来たら嬉しいです。

ペットを偲ぶ会

三田駅から徒歩6分のところにある弘法寺さんにて、合同供養から始まり、ご歓談まで、全てにおいて「心」を大切にした内容になっています。
温かい場ですので、お一人での参加でも大丈夫です!

参加希望の方は、グリーフゼロのLINEからお申し込みくださいね。
(トップページのLINEボタンをクリック!)

温かく優しい時間を一緒に過ごせる事を楽しみにしています。
皆様のご参加お待ちしております!

LINEのお友だち追加