こんにちは!
秋を通り越して急に冬が来てしまったのかと思うほど急激に寒くなりましたね💦
私は夜寒くて早速羽毛布団を出しちゃいました(笑)

さて、今日はワンちゃんの寒さ対策についてお話しします。

え、そもそもワンちゃんに寒さ対策なんているの?なんて思いませんでしたか?
確かにワンちゃんは一般的に寒さに強いイメージがありますね!
雪が降ったときはしっぽを振って喜んで駆け回ってるワンちゃんを見たりすることもありますよね(笑)

でもワンちゃんも人間と同じように体が冷えてしまうと体調不良を起こしてしまうことがあります。

また一般的にシングルコート(被毛が一層)のワンちゃんは、ダブルコート(被毛が二層)のワンちゃんと比べて、寒さに弱いとされています。
ダブルコートの犬は換毛期による毛の生え替わりで、気温の変化に対応しますが、シングルコートの犬は換毛期がないため、被毛で寒さをコントロールすることができません。

さらに、犬種の原産国によって寒さへの耐性は異なります。
シベリアンハスキーのように、寒い地域が原産国の犬は、冬の寒さに負けない体を持っています。一方でチワワのように温暖な国から来た犬は、寒さに弱い傾向があります。

<こんな仕草をしてたら寒がっているので要注意!>

・鼻を隠して丸くなって寝ている
・人の側にくっついている
・震えている
・水を飲む量が少ない

ではここからは、ワンちゃんの寒さを乗り切る方法についてお伝えします。

①保温効果が高い服を着せる
気温に応じて、冬物の洋服を着せてあげましょう。特にお散歩やお出かけの際には室内と屋外の気温差がワンちゃんの体には負担になるので、外ではしっかり防寒対策をしましょう。

②ケージを温める
外気を遮るようにケージの上から毛布や布を覆い被せると温かさがケージ内で留まります。
またヒーターでケージの中を温めたり、ケージの中にホットカーペットやフリース素材の毛布などを入れるのも良いです。

③湯たんぽを使う
電気コードをかじってしまう可能性がある場合には湯たんぽがオススメです。電気を使わずに持続性があるのでお留守番時や夜寝るときにも良いです。
ワンちゃんが暑がってるときは、湯たんぽから離れられる様な環境を作ってあげましょう。

④犬用のベッドを用意する
冷たい空気は下に滞留するので、床や床に近い所で寝るワンちゃんたちは人よりも寒い位置にいることが多いです。
特に寝ている時は動かないため、知らず知らずのうちに体を冷やしてしまいます。
サークルやクレート、床で寝ている子には毛布やブランケット、ベッドを用意してあげると良いでしょう。

これからやってくる冬に備えてしっかり対策をして、ワンちゃんと一緒に寒さを乗り切りましょうね❄️