みなさん、こんにちは!
前回に引き続きまして、今回はネコちゃんの寒さ対策についてお話しいたします☺️

「猫はこたつで丸くなる」と歌っている童謡もあるくらい、ネコちゃんはワンちゃんとは反対に寒さに弱いイメージがありますよね。

そもそも現代のネコちゃんの祖先は、もともと砂漠地帯に生息していた生き物。そのことから、基本的にネコちゃんは寒さに弱く、暖かい場所を好みます。

それから、筋肉量が少ないこともネコちゃんが寒がりな理由の一つです。
ネコちゃんの一日は大体食べて寝てばかりいませんか?室内で暮らすネコちゃんは、人間やワンちゃんと比べて運動量も少ないので、なかなか筋肉がつきません。

筋肉量や脂肪が増えれば寒さには強くなる傾向にあるので、肥満気味なネコちゃんは他のネコちゃんたちと比べると若干寒さには強くなります。
一方で子ネコや老ネコは成ネコよりも筋肉量も少ないので、特に寒さ対策はしっかりしてあげましょう。

ちなみにネコちゃんの適温は、18〜26度くらいと言われています。
なので18度を切るような時期(ちょうど今の時期朝晩の気温ですね)から、寒さ対策をしていきましょう。
※もちろん個体差はあるので、数字だけで判断はしないでください。

<こんな仕草をしていたら寒がっているので要注意!>
・丸まっている
・毛を逆立てて体を膨らませている
・震えている
・水を飲まない
・飼い主にくっつく

それではどのような寒さ対策をしたら良いかお伝えいたします。

①ペット用ヒーターを使う
猫ちゃんの寒さ対策にはペット用のヒーターがオススメ。
ペット用であれば噛んでしまっても感電しないような工夫や、温度などを勝手に操作できないように対策がされています。

②暖房器具を使う
こたつやストーブなどの暖房器具も有効です。
しかし、使用方法や設置方法を誤るとネコちゃんが怪我してしまうことも。
エアコンなどの安全性の高いものを選び、ストーブには囲いを付けるなどの工夫をしましょう。

③毛布や冬用の猫ベッド
毛布や冬用の猫ベッドを使うのも良いです。
中に潜って暖を取ることができるものがあれば、室温が少し下がってしまっても凌ぐことができます。

これからやってくる冬本番に備えて、今からネコちゃんの寒さ対策はしっかりしましょう❄️